YOKOHAMA D-STEP

YOKOHAMA D-STEP

A/B COURSE

概要

横にスクロールしてください
A
課題解決・発見型
データサイエンティスト育成コース
B
データ分析型
データサイエンティスト育成コース
主な教育内容
  • ●数学、統計学、プログラミング及びデータ分析の基礎に関する講義
  • ●課題発見・解決型のPBLによる他職種協同しながらの課題の発見・解決手法の活用
  • ●高度な数理的基盤を前提とした講義と実習
  • ●最新で高度なデータアナリティクス手法による講義と演習
  • ●課題発見・解決型PBLの参加
身に付けられる
能力

[特化]

  • ●問題解決能力
  • ●コミュニケーション力

[A・B共通]

  • ●経験的な課題解決のための分析的思考
  • ●データの記述・可視化、及びモデリング能力
  • ●倫理観

[特化]

  • ●プログラミング力
  • ●データマネジメント力

科目一覧

授業科目

横にスクロールしてください
◎:必修科目 ○:選択科目 △:選択必修科目
A B 開講時期 単位数 教室 担当教員 備考
統計学基礎 1 e-learning 小泉 和之 開講
応用線形代数 1 e-learning 田栗 正隆 開講
データ分析基礎 1 e-learning 坂巻 顕太郎 開講
ITセキュリティ・情報倫理 1 e-learning 足立 昌聰 開講
多変量データ解析 前期 2 横浜市立大学 小泉 和之 開講
標本調査法 前期 2 横浜市立大学 土屋 隆裕 開講
欠測データ解析 前期 2 東京理科大学 瀬尾 隆 開講
ノンパラメトリック法 2 東京理科大学 村上 秀俊 休講
最適化理論 後期 2 東京理科大学 矢部 博 開講
数理ファイナンス 後期 2 明治大学 乾 孝治 開講
デザイン思考 前期 1 横浜市立大学 佐藤 彰洋 開講
統計・機械学習モデリング 後期 2 横浜市立大学 汪 金芳
山崎 眞見
開講
データマンジング 後期 2 横浜市立大学 清見 礼 開講
最適化と計算機科学 前期 2 横浜市立大学 藤田 慎也 開講
非構造化データ特論 後期 2 横浜市立大学 山崎 眞見 開講
実験とシミュレーション特論 後期 2 横浜市立大学 立川 仁典 開講
プログラミング特論 前期 2 横浜市立大学 阿部 貴行
立川 仁典
開講
計算機統計学特論 前期 2 横浜市立大学 上田 雅夫 開講
時系列データ解析特論 後期 2 横浜市立大学 上田 雅夫 開講
都市環境データ解析特論 後期 2 横浜市立大学 大西 暁生 開講
データ可視化特論 後期 2 横浜市立大学 阿部 貴行
大西 暁生
開講
Deep Learning入門 後期集中 1 横浜市立大学※ 三澤 大太郎 開講
数理医学 前期集中 2 明治大学 中村 和幸
大家 義登
田栗 正隆
開講

Innovation Space DEJIMAにて実施予定

各科目は遠隔地の大学においても、中継をもって開講を行う。

Bコース受講生について、e-learningの3科目(統計学基礎・応用線形代数・データ分析基礎)の単位の取得はできないが、視聴が可能。

PBL 科目

横にスクロールしてください
◎:必修科目 ○:選択科目 △:選択必修科目
A B 開講時期 単位数 教室 担当教員 備考
行政課題解決PBL 前期 2 横浜市立大学
サテライト
田栗 正隆
西内 啓
開講
ビジネス課題解決PBL 後期 2 横浜市立大学※ 小泉 和之
西内 啓
開講

※ ビジネス課題解決PBLの演習や発表を含む回については都内会場にて実施する予定。

PBL

今まで実施した内容

2020年度のテーマは「A市における市民税の滞納未回収額の減少」である。グループワークを通じた実践的な形で問題解決の一連のプロセスを学習し、問題解決における他者との協働を身に着けるだけでなく、質的なインタビュー調査や量的なアンケート調査、マテリアル作成などを経験し、プレゼンテーションを含めた問題解決に必要な能力の素地を総合的に養う。

今後実施予定のテーマ

テーマはある公益社団法人のプロモーションを予定。グループワークを通じた実践的な形で問題解決の一連のプロセスを学習し、問題解決における他者との協働を身に着けるだけでなく、質的なインタビュー調査や量的なアンケート調査、マテリアル作成、ランダム化比較試験などの研究や作業を実際に経験し、プレゼンテーションを含めた問題解決に必要な能力の素地を総合的に養う。

受講ガイド

e-learning

受講生が都合の良い時間に学ぶことができるように、基礎科目(4科目)をe-learning科目として設置しています。e-learningの各科目は、PBL科目を受講する際の前提知識となりますので、Aコースの受講生は早めに履修を完了してください。

[受講の流れ]

ポータルサイト(https://portal.d-step.yokohama)にアクセスし、事前に通知しているログイン ID、パスワードを入力して、マイページにログインしてください。VOD/e-learningより、受講する科目を選択し、授業動画を視聴してください。授業支援(LMS)に課題が表示されているので、視聴完了後に提出してください。

  • ポータルトップ画面

  • VOD/e-learning画面

  • 講義視聴画面

  • LMS画面

[出欠確認方法]

本プログラムのe-learningで実施する各科目の出欠確認方法は、動画視聴状況をもって出席確認とします。また、LMS上での毎回の課題の未提出が総実施コマ数の1/3を上回る場合は単位認定不可とします。

中継講義

連携している大学間では、インターネット中継システムZoomなどを用いてリアルタイムに講義を中継しています。また、状況に応じて、自宅や職場などでの受講も可能です。受講を確認するため、チャット欄に掲載されるURLのアクセスにより出席をカウントします。

見逃し配信

基本的に、PBL科目を除くすべての科目は録画され、数日程度でポータルサイト(https://portal.d-step.yokohama)にアップロードされます。履修登録した講義は期間終了まで何度でも視聴が可能です。単位認定のためには、一定の期限内(次々回開始まで)に視聴し、出題される課題を提出する必要があります。

その他

各種お知らせなど、ポータルサイト(https://portal.d-step.yokohama)をご確認ください。また、PBL科目は、DEJIMA(五反田)かサテライトキャンパス(みなとみらい)で実施予定です。

PAGE TOP